背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 引越し・住まい > 歴史的建築物の保存と活用について

トップ > くらし・手続き > 引越し・住まい > 歴史的建築物の保存と活用について

歴史的建築物の保存と活用について

最終更新日 2021年2月1日

長岡市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例の制定について

 歴史的建築物のうち、国宝や重要文化財などは建築基準法の規定によって同法が適用除外となりますが、その他の歴史的建築物は、増築や用途変更などを伴う利活用に際して、現行の建築基準法への適合が必要です。
 このため、これらの文化的遺産を生かした観光的な活用などが困難となっており、その結果、手が掛けられずに適切な保存措置もなされないまま、せっかくの文化的遺産が失われていく現状が見受けられます。
 このような状況を踏まえ、良好な状態で歴史的建築物の保存・活用がなされ、将来に亘って継承していくことができるように、登録有形文化財などの文化的遺産である歴史的建築物について、防火避難などの安全性に関する一定の代替措置が講じられることを条件に建築基準法の適用を除外する本条例を制定しました。
 今後も、歴史的建築物の保存・活用に向けた取り組みを進めてまいります。

  • 長岡市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例 PDFファイル (PDF 123KB)
  • 長岡市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例施行規則 PDFファイル (PDF 235KB)

このページの担当

建築・開発審査課
TEL:0258-39-2226  FAX:0258-39-2270
メール:kenkai@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。